サプライチェーン排出量とは

 サプライチェーンとは、原料調達・製造・物流・販売・廃棄等、一連の流れ全体をいい、そこから発生する排出量を本サイトではサプライチェーン排出量と呼んでいます。サプライチェーン排出量は図1の通り、スコープ1、スコープ2、スコープ3から構成されています。
 これまでは、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づく算定・報告・公表制度や一部の地方公共団体の条例に基づく各算定・報告制度に基づき、企業が自社で直接排出する、「スコープ1(直接排出量:自社の工場・オフィス・車両など)」および「スコープ2(エネルギー起源間接排出量:電力など自社で消費したエネルギー)」で排出内容が定義され、それぞれの算定方法に従って算出されていました。しかしながら、現行の制度下では事業者のサプライチェーンを通じた削減ポテンシャルが明らかにならず、自社以外での排出削減行動のインセンティブが働かないという課題が残っていました。 サプライチェーン排出量におけるスコープ1、スコープ2及びスコープ3のイメージ
※1:スコープ3基準及び基本ガイドラインでは、輸送を任意算定対象としています。
※2:スコープ3基準及び基本ガイドラインでは、輸送は算定対象外ですが、算定頂いても構いません。
図1 サプライチェーン排出量におけるスコープ1、スコープ2及びスコープ3のイメージ
(出典:「サプライチェーン排出量算定の考え方」より)
 近年、これまで算定対象外であった「スコープ3(その他の間接排出量)」を含むサプライチェーン全体の排出量、つまり自社排出量のみならず、企業活動の上流から下流に関わる内容を算定範囲とする動きが広まっています。これにより、サプライチェーン全体において排出量や排出削減のポテンシャルが大きい段階が明らかになり、事業者が効率的な削減対策を実施することで透明性を高めつつ競争力強化を図ることが期待されます。また、サプライチェーンを構成する事業者への情報提供等の働きかけにより、他の事業者の理解促進及び事業者の連携を図り、関係事業者で協力して温室効果ガスの削減を推進することができます。 サプライチェーン全体での排出量削減
図2 サプライチェーン排出量削減のイメージ
ページ先頭へ