受講手続きの流れ || 受講手続き案内

研修受講までの手続きは、通常次のような流れになっています(年度によっては時期が前後することがあります。)。

受講手続きの流れ

■前年度11月~12月 次年度の研修計画書(案)決定
■前年度12月~1月
研修計画書(案)及び研修受講希望人員調査票(以下「予備調査票」という)を、各団体の研修担当課室(*)へ送付
・送付対象団体:都道府県、政令指定都市、 中核市、特別区等及び各省庁等
・各団体の研修担当課室より、受講希望の確認があります(中核市より規模の小さな市町村に対しては、都道府県経由となります。)。
・予備調査票及び研修計画書(案)は、当ホームページにも掲載します。
■前年度2月中旬 予備調査票提出〆切
■前年度2月下旬 予備調査の集計結果(当初集計)を、当ホームページに掲載

この間
予備調査後の受講希望等(予備調査の修正)は、随時受け付け
・各団体の研修担当課室を通じて連絡して下さい。
・研修担当課室は、既に提出している予備調査票を修正し(見え消し等により修正箇所を明記)、FAXにより送付して下さい。
(以下の推薦依頼手続きとの兼ね合いがありますので、まず電話等にてお問い合わせください。このお問い合わせについては、直接でも差し支えありません。)
■ 研修実施の
 概ね3か月前
予備調査により参加希望のあった団体に対し、推薦依頼文書を送付
・〆切は概ね送付の1.5か月後です。
・予備調査での受講希望人員が定員を超えている場合は、過去の受講実績等を勘案して推薦依頼を見送る場合(または条件付きで依頼する場合)があります。
・予備調査による参加希望人員が定員に満たない場合は、参加希望がなかった団体にも送付する場合があります。
■ 研修実施の
 概ね1か月前
受講決定者には、各団体の研修担当課室を通じ、決定の旨の文書を送付
・受講決定者は、当ホームページに掲載している「研修受講ガイドブック」を熟読し、研修受講の際には必ず携行して下さい。

(*)団体によって異なりますが、環境担当課室または人事担当課室となっております。

  研修担当課室については、1団体につき1か所に限定しておりますので、御留意ください。

手続き中の研修については、こちらをご覧下さい。

研修担当者調べ(人事異動等に伴う研修担当者の把握)

ページ先頭へ