教官紹介 || 環境調査研修所の紹介

環境調査研修所の教官をご紹介します。

主任教官

藤森 英治(ふじもり えいじ)

ICP発光分析法及びICP質量分析法による環境試料の測定における問題点について、重点的に検討を行っています。本年度は、多摩川水系における微量元素の分布の調査を重点的に実施する予定です。

担当する研修

実習分野

・機器分析研修(Cコース)

重金属類:ICP発光分析法、
ICP質量分析法

・特定機器分析研修I

ICP質量分析法

・廃棄物分析研修

重金属類:ICP発光分析法、
ICP質量分析法

・水質分析研修(Cコース)

重金属類:ICP発光分析法、
ICP質量分析法

研究活動

学会発表(H30年度)

  • 「多摩川中流域における希土類元素存在度の特徴」、○藤森英治(環境調査研修所),田部あかね, 中島梨恵, 梅村知也, 熊田英峰(東京薬科大学)、第27回環境化学討論会(沖縄)、平成30年5月22日
  • 「多摩川中流域におけるアミノカルボン酸系キレート剤の分布」、○熊田英峰, 中島梨恵, 田部あかね(東京薬科大学), 藤森英治(環境調査研修所), 梅村知也(東京薬科大学)、第27回環境化学討論会(沖縄)、平成30年5月24日
  • 「溶出試験検液中の金属類固相抽出における共存キレート剤による妨害」、藤森英治、全国環境研協議会研究発表会(名古屋)、平成30年9月13日
  • 「イミノ二酢酸系キレート樹脂を用いる金属類の固相抽出における共存キレート剤による妨害」、○藤森英治(環境調査研修所), 水谷 聡(大阪市立大学)、第29回廃棄物資源循環学会研究発表会(名古屋)、平成30年9月14日
  • 「イオン交換固相抽出―GC-MS法による環境水中アミノカルボン酸系キレート剤の分析」、○熊田英峰, 中島梨恵, 田部あかね(東京薬科大学), 藤森英治(環境調査研修所), 梅村知也(東京薬科大学)、日本分析化学会第67年会(仙台)、平成30年9月14日
  • 「陽イオン交換クリーンナップモノリスによるモリブデン酸の迅速除去とICP-MSによる尿中カドミウムの精密定量」、○堀江晃弘(東京薬科大学), 藤森英治(環境調査研修所), 森本智香, 青木元秀, 内田達也, 熊田英峰, 梅村知也(東京薬科大学)、第6回メタロミクス研究フォーラム(八王子)、平成30年11月1日
  • 「重金属類暴露とテロメア長との関連」、○水野佑紀(東京大学), 小西祥子(東京大学, ワシントン大学), 今井秀樹(東京医療保健大学), 藤森英治(環境調査研修所), 児島信彦, 吉永 淳(東洋大学)、第6回メタロミクス研究フォーラム(八王子)、平成30年11月2日

論文発表(H30年度)

・藤森英治, "ICP-MSを用いる土壊試料中ヒ素及びセレンの定量分析一陽イオン交換分離による希土類元素の二価イオン干渉の除去一", 分析化学, Vol. 67, No. 7, pp.423-429, 2018

・E. Fujimori, S. Nagata, H. Kumata, T. Umemura, "Investigation of Adverse Effect of Coexisting Aminopolycarboxylates on the Determination of Rare Earth Elements by ICP-MS after Solid Phase Extraction Using an Iminodiacetate-based Chelating-resin", Chemosphere, Vol. 214, pp. 288-294, 2019

・Y. Mizuno, S. Konishi, H. Imai, E. Fujimori, N. Kojima, J. Yoshinaga, "Cadmium Exposure and Blood Telomere Length in Female University Students in Japan", Biol Trace Elem Res (2019). https://doi.org/10.1007/s12011-019-1656-3

検討委員等の活動

  • プラズマ分光分析研究会 世話人

  • 環境測定分析検討会統一精度管理調査部会検討会 委員

  • 微小粒子状物質(PM2.5)精度ワーキンググループ 委員

  • 産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法改正検討委員会 委員など

教官

岩切 良次(いわきり りょうじ)

昨年度に引き続きGCカラムの分離、溶出順位決定等に関する検討を中心に、ダイオキシン類分析法に関する基本的操作・技術的事項の整理を行っていく予定です。

担当する研修

実習分野

・ダイオキシン類環境モニタリング研修 基礎過程

HRGC/HRMSを用いたフライアッシュ中のダイオキシン類分析

・ダイオキシン類環境モニタリング研修 専門課程

HRGC/HRMSを用いた土壌中ダイオキシン類分析

・課題分析研修I

底生動物の分類とカウント、水質評価

・課題分析研修II

プランクトンの分類とカウント

・環境汚染有機化学物質分析研修(副担当)

LC/MS/MSおよびGC/MS(/MS)によるPOPs及び対象候補物質分析

・水質分析研修(Aコース・副担当)

固相抽出-GC-QMS法による農薬他の測定法

研究活動

「市販のキャピラリーカラムを用いたダイオキシン類の溶出順位について」〇岩切 良次*,榎本 剛司** (*: 環境調査研修所 **:日本電子株式会社) 第27回環境化学討論会(沖縄)、2018年5月

検討委員等の活動

  • 日本環境化学会 評議員 広報担当幹事

  • 「環境化学」 編集委員

  • 環境省 ダイオキシン類環境測定調査受注資格審査検討会 主査

  • 国土交通省 関東地方整備局ダイオキシン類精度管理委員

本多 将俊(ほんだ まさとし)

大気中浮遊粒子状物質(PM2.5含む)中の微量元素組成等の調査,および大気中繊維状物質(アスベスト含む)の調査を行い,分析技能の向上と研修に役立つ知見の集積に努めたいと思います。

担当する研修

実習分野

・大気分析研修(Bコース)

ICP質量分析法、イオンクロマトグラフ法

・アスベスト分析研修

位相差顕微鏡法、電子顕微鏡法

・特定機器分析研修I(副担当)

ICP質量分析法

・廃棄物分析研修(副担当)

ICP発光分析法、原子吸光法、ICP質量分析法

・機器分析研修(B&Cコース・副担当)

イオンクロマトグラフ法(Bコース)、原子吸光法(Cコース)

・水質分析研修(Cコース・副担当)

ICP発光分析法、原子吸光法、ICP質量分析法

課題分析研修Ⅱ(副担当)

プランクトンの分類とカウント

研究活動

学会発表(H30年度)

・「大気粉じん試料の捕集に用いるフィルター中の無機元素不純物濃度」、第59回大気環境学会年会(福岡)、本多将俊、2018年9月

・「埼玉県の風化蛇紋岩露出地域および都市域で採取した大気中繊維状物質の特徴」、第59回大気環境学会年会(福岡)、本多将俊、2018年9月

・「紙巻タバコの葉、灰、主流煙および副流煙に含まれる微量元素の特徴」、第59回大気環境学会年会(福岡)、本多将俊、2018年9月

・「試料採取フィルターによるPM2.5の無機元素の操作ブランクの違い」、日本エアロゾル学会PM2.5の化学特性に関する研究会研究セミナー「PM2.5の現在地:これまでわかったこと、そしてこれから」(埼玉)、本多将俊、2019年3月

論文発表(H30年度)

  • 本多将俊、大気中繊維状物質のサンプリング・分析に使用するメンブランフィルターの問題点、繊維状物質研究、Vol.5, pp. 140-161, 2018

検討委員等の活動(H30年度)

  • アスベスト分析法検討会 委員

  • APT(アスベスト技能試験)委員会、APT実行委員会 委員

岩村 幸美(いわむら ともみ)

GC・GC/MS法によるターゲット分析において高感度かつ精確な結果を得るための基礎検討を行うとともに、GC/MSの特性を生かした幅広い活用法を探りたいと考えています。

担当する研修

実習分野

・機器分析研修(Aコース)

GC-QMSの操作法

・大気分析研修(Aコース)

容器捕集-, 固体吸着-加熱脱着-, 固体吸着-溶媒抽出-GC/MS法による有害大気汚染物質測定

・臭気分析研修

嗅覚測定法

・水質分析研修(Aコース)

固相抽出-GC-QMS法による農薬他の測定法

・環境汚染有機化学物質分析研修
 (GC-MSコース)

底質中のPCB他POPs等の測定法

・VOCs分析研修

HS-, P&T-GC-QMS法による水質中VOCs分析法

研究活動

学会発表(H30年度)

・「LC/MS/MSにおける検量線の直線性及びマトリックス効果に与える移動相添加剤の影響」,岩村幸美,四ノ宮美保(埼玉県立大学)、第27回環境化学討論会(沖縄)、平成30年5月22日

検討委員等の活動

・環境測定分析検討会統一精度管理調査部会検討会 委員

・化学物質環境実態調査 分析法開発検討会議系統別部会(第二部会) 検討委員

木村 久美子(きむら くみこ)

LC/MS/MS法による高極性物質分析について、精確な分析結果を得るための基礎検討を重点的に行いたいと考えています。

担当する研修

実習分野

・機器分析研修 (Bコース)

HPLC法による農薬分析、IC法によるイオン成分分析

・特定機器分析研修II

LC/MS/MS法

・水質分析研修(Bコース)

HPLC法及びLC/MS/MS法

・環境汚染有機化学物質分析研修(LC-MSコース)

LC/MS/MS法によるPOPs及び対象候補物質分析

・大気分析研修(Bコース・副担当)

IC法によるPM2.5中のイオン成分分析

・臭気分析研修(副担当)

嗅覚測定法

研究活動

学会発表(H30年度)

・特になし

検討委員等の活動

・平成30年度化学物質環境実態調査分析法開発検討会議系統別部会(第一部会) 委員

ページ先頭へ