環境調査研修所の概要 || 環境調査研修所の紹介

環境行政を担う人材の育成

今日の環境問題は、地球環境という空間的拡がりと、将来世代にわたる影響という時間的拡がりとを持つ問題となっています。これらの背景には、大量生産、大量消費、大量廃棄型の経済社会システムがあり、その早急な見直しが求められています。

このような環境問題に係わる動向に対応し、環境行政を効果的に推進するためには、国、地方公共団体等において環境行政を担当する職員等の能力の開発、資質の向上を図ることが従来にも増して必要です。

環境調査研修所は、こうした要請に応えるべく、我が国の環境保全に係わる人材育成の中核的機関として、各種の環境保全に関する研修の実施に取り組んでいます。

組織構成

図:組織構成の図
  1. ※  環境省総合環境政策局長が兼務
  2. ※※ 教官紹介
ページ先頭へ